本文へ移動

工事監理業務

改修工事監理の内容

目的
工事監理は、施工会社に対して仕様書に定めた内容や性能が発揮されるよう、きめ細かな指示・指導・検収や検査が必要です。
また、これらに対応するため、定期的な現場への出向が必要です。
改修工事は進捗が速いため、規模により異なりますが、2人体制で臨みます。

着工前の事前準備(総合調整)

  • 工事請負契約書の契約条項の確認、性能保証、完成保証の確認を行います
  • 工事説明会資料作成の指導と説明会立会い
  • 説明会で出された質疑に対して、回答を施工会社にQ&Aとしてまとめさせ、その検収と指示指導を行います
  • 施工会社の施工計画等作成の指導・承認を行います
  • 仮設配置計画の確認・指導を行います

施工中

各物件により異なるが、週1回平均2名体制で現場出向し、定期的に施工会社との打合せを行い、施工状況の確認・指示・指導を行います。
   
  • 品質管理、工程、安全、防犯管理の確認・指導
  • 材料入荷確認、使用済みの空缶数等検収、色彩計画補助
  • 躯体改修不具合部位の詳細調査、調査図の確認・承認
  • 予定外の事象発見された場合は、毎月1回の定例会議の折に報告、対応協議
  • 月1回の管理組合様への報告・検討のための総合定例会議を開催、運営
  • 中間・完了検査
  • 工事詳細部分の現場指導(各種施工工程の立会い、検査の実施など)
  • 精算・追加・変更工事の指導と査定
  • 配付、掲示資料等の指示・指導
  • 問合せ、アクシデントに対する施工会社への指示・指導
  • 検査記録の確認・承認
  • 契約条件に基づく工事出来高の査定及び請求の確認

竣工図書(完成図書)の作成指導

  • 仕様書に定める施工会社の工事完了報告書(竣工図書等)作成の指示・指導・検収
  • 完成引渡し指導・立会い
  • 弊社の工事監理経過をまとめた工事監理報告書を作成し、工事完了時に提出

工事後、定期点検立会い

○多年度にわたるため、各年度毎に契約し、清算となります

  • 広報書面、アンケート票の内容確認・指導・検収
  • 工事保証期間内の手直し工事に対する施工会社への指示・指導
  • 直接現地に出向し、管理組合理事会様に代わり不具合部分の確認作業